ダイエット

朝ごはんを6時に食べると太る?痩せる?100kgのデブが実体験を語ります

朝ごはんを6時に食べると太る?痩せる?朝ごはんを6時に食べると太るのか、痩せるのか?

このような疑問の声を耳にします。

もしこの噂が本当だとすれば、「朝6時ごはんダイエット」が流行りますね!

実際にしっかりと朝6時に朝ごはんを食べる生活を送った私が本音で体験談を語らせていただきます。

朝ごはんを食べると痩せる噂【真相】

朝ごはんを食べると痩せる噂【真相】

朝ごはんを食べることで胃腸が活発になります。

そのため、体温が上がり1日の体温にも影響すると言われています。

体温が1度上がると基礎代謝が約13%も増えると言われているため、健康的に朝ごはんを食べることで痩せやすい生活リズムを作りやすくなります。

空腹による筋肉の分解も抑えられたりもしますので、こちらは後半で詳しくお話していきますね!

また、朝カレーダイエットや朝バナナダイエットなど様々なブームが流行りましたよね。

朝ごはんは脂質も摂取すると腹持ちが良くなるためカレーも良いですが、炭水化物の食べ過ぎは糖質の過剰摂取になるため注意が必要です。

では、朝ごはんを食べる時間帯として「朝の6時に食べると痩せる」という噂について確認してみましょう。

朝ごはんを6時に食べると太る?

朝ごはんを6時に食べると太る?

結論ですが、朝ごはんを6時に食べたから太る、痩せるとは限りません。

その根拠ですが、

ポイント

・朝ごはんのメニューも関係する
・朝ごはん後の行動が影響する
・朝ごはん後の生活スタイルが影響する

この3つを改善しなければ、痩せる可能性よりも太る可能性が高まります。

朝ごはんのメニューも関係する

朝ごはんのメニューも関係する

朝ごはんのメニューが糖質の多い菓子パンやお菓子の場合、太る可能性は高まります。

菓子パン1つのカロリーは、商品にもよりますが意外と1つで約400kcalほどあります。

1つでは足りず、2つ食べた際には1000kcal近いカロリーを朝から摂取することになります。

いくつか例を挙げますと、

注意

ヤマザキのデニッシュリング(ハーフ):約700kcal
第一パン・アップルリング:約1350kcal
ヤマザキ 牛乳入りパン:約600kcal

このように、菓子パン1つのカロリーはバカにはできませんよね

女性の1日の平均摂取量は、年齢にもよりますが約2000kcalとなります。

朝の6時から高カロリーで糖質たっぷりな食事をした場合、太るきっかけに繋がると言えます。

朝ごはん後の行動が影響する

朝ごはん後の行動が影響する

朝ごはんに先程の高カロリーな食事を済ませた後に、

注意

・二度寝する
・横になってゴロゴロする
・椅子に座って動かずに作業する

30分ほど横になる形であれば胃にも優しいですが、二度寝して1、2時間横になった場合は脂肪にも変わりやすいと言われています。

また、筋肉を使わずに横になってゴロゴロとYouTubeを観たり、椅子に座って仕事をした場合もカロリーの消費不足で太る原因に繋がります。

朝ごはん後の生活スタイルが影響する

朝ごはん後の生活スタイルが影響する

朝ごはん後の生活スタイルが先程の在宅など運動量の少ない仕事の場合、カロリーが消費できずに太る可能性が高まります。

しかし、朝から高カロリーの食事をしても立ち仕事や力仕事など筋肉を使う仕事をしている場合、太るどころか痩せる可能性が高まります

もちろん朝ごはんをヘルシーなメニューに済ませていれば、在宅や休日のゴロゴロした生活でも太りづらいと言えます。

これは、私自身が毎年10kg20kgと体重が変化する中で体感しています。

朝ごはんを6時に食べた実体験

私自身が朝ごはんを6時に食べて痩せた実体験と太った実体験をステマなしで解説します。

仕事が主に影響することが分かっていますので、運動量にご注目ください!

太った実体験【運動量が影響】

朝ごはんを6時に食べた実体験

私が朝ごはんを6時に食べても太った原因は、「仕事を在宅に変えて運動量が大幅に減ったこと」が原因でした。

痩せるためには食事管理でも可能ですが、しっかり3食を食べて健康的にストレスも抑えて痩せるには運動が必須です。

私が仕事を在宅に変えてからは、1日10時間以上はベッドで横になって下書きを書いたり、椅子に座って作業をする日々です。

そのため、YouTubeを観ながらゴロゴロしているのと同じくらいの運動量しかありません。

さらに間食でグミを食べたりもしていたため、これも太る原因です。

間食しないだけでカロリーはグッと抑えられますので、

注意

①朝から菓子パンを食べて糖質をたっぷり摂取する
②横になって運動を控える
③間食でカロリーを補給する

このように、まさに太るための生活を毎日送っていることになります。

在宅でこの生活リズムに変えてから、半年で20kgも太りました

朝ごはんをヘルシーにしたところで昼食と夜食もヘルシーにしなければ痩せることは難しいと断言します。

ストレスも溜まり、筋肉量も減るため代謝も落ち、痩せづらい体質に変わります。

痩せた実体験【鉄板ダイエット】

朝ごはんを6時に食べた実体験

朝ごはんを6時に食べて痩せた実体験は、私がアルバイトで早番の時間から立ち仕事を始めた時でした。

1日中歩き回る仕事のため、朝ごはんは普通に食べても太ることはありませんでした。

ポイント

・朝から1000kcalを越える菓子パン
・昼にも約500kcalの菓子パン
・夜には約1000kcalの食事

このような食事をしたとしても、消費カロリーが多いため太ることはありませんでした。

また、私が立ち仕事をしていた際に3ヶ月で10kg痩せることができました

その当時のメニューですが、

ダイエットメニュー

・朝はプロテインクッキー
・昼もプロテインクッキー
・夜は高たんぱく低カロリーかメニュー

このように変えただけで、気付いた時には10kg痩せていました。

プロテインクッキーはマイプロテインの1枚約300kcalの35gもたんぱく質が摂れる最強のクッキーです!

プロテインクッキー

コスパ最強のマイプロテインのクーポンはこちらです!

朝は白米や味噌汁、納豆などの食事でも大丈夫です。

どちらかと言えば、夜の食事を高たんぱく低カロリーにすることがポイントです。

朝ごはんを6時に食べると痩せづらい体質に?

朝ごはんを6時に食べると痩せづらい体質に?

実際に体験してみて分かりましたが、朝ごはんを6時に食べて健康的な生活を送っているからと痩せる訳でもなく、早すぎて太る訳でもありません。

むしろ空腹になる時間帯が早くなるため、筋肉が落ちやすいリスクはあります

そのため、痩せづらい体質に変わりやすいと言えます。

筋肉を使わない生活を送ると、あなたが予想するよりも筋肉は減少していきます。

空腹になると脂肪よりも先に筋肉が消費されていきます。

サバイバル生活の番組でガリガリになる理由もここにあります。

痩せやすい体質を維持し、健康的な食生活を送る際には朝食も昼飯に合わせて7時のほうが良いです。

また、プロテインを間食に摂取するのも良いですね!

朝ごはんを6時に食べるより運動量を見直す

朝ごはんを6時に食べたから太る、痩せる訳ではありません

これは実体験からも分かっています。

もし「○○を朝ごはんに、さらに6時頃に食べれば痩せる」と解説されていても信用しなくて良いです。

なぜなら、消費カロリーや食後の横になるタイミング、夜食のメニューなど様々な条件が影響するためです。

○○を朝の6時に食べたとしても、昼にピザを食べながらYouTubeを観る。

さらに夜に焼き肉を食べてポテチをボリボリ食べていれば簡単に太ります。

ウォーキングを1時間始めるだけでも違いますので、運動量を増やすことを第1に生活を変えてみましょう